imageIMG_1135
ちと久々のオーディオのポスト。
オーディオは、ちまちまとやっています。(^^)
imageIMG_1127
ヤマハのNS−10Mを函館の大手中古屋さんから仕入れたのですが、壊れていて別途、通販で購入し到着。
さすがプロ、しっかりした梱包です。
imageIMG_1133
この商品は、世界でスタジオモニターとして活躍したロングセラー商品。
現在は販売していないんで、もちろん中古ですがなかなか程度がよかったんで安心。

小さいんですが160Wのアンプを仮設置して音鳴らし。
音源は、ラズベリーコンピュータで、4倍のアップサンプリングに設定したLIGHT MPDでNASからの転送。
image
いつも聴いている kef LS−50のウォームな音とは正反対の音で、音を飾ることもなくカチっとした音。
Light MPDでもかなりカチっとした音で、この相性はよくないかも。
高域のツンザキが気になり、ツィーターにティッシュペーパを二枚ほどかませて、なんとか聴けるかな。どこかの周波数でピークの帯域があるような感じだ。

一言でいえばやかましい音。NS−1000は同じくモニタースピーカーだけど、そうは感じないんです。 これは個性ですね。
低域は、密閉型なので少々寂しい。
でも、へんに強調する低域よりはいい。

オヤジ、いまのD級アンプのシステムのオーディオの電源を切ることがなく、電源スィッチはメンテののみだけなんです。(^^)
常にあっためています。笑

なので寝てても音楽は鳴りっぱなしですが、このNS−10Mをメインに、ずーっと聴いているのは疲れますんでメインでは聴けません。
けっこうオテンバなようです。

スピーカーを切り替えて、たまに気分転換で聴くことになりそうです。

このスピーカーには、ラズベリーのソフトウェアーもvolumioの方がいいようです。
VOLUMIOの進化は凄く、LINUXデストリビューションなんですが、コマンドラインなどのLINUXを感じさせることはなくWEB GUIで全てができるんで素晴らしい。

てなことで次はメインにシステムに組み込まなきゃです。

てなおTこを一切意識することなくWEB GUIで設定できるのが素晴らしい。