imageIMG_8476
今日のランチは、先輩のリクエストで自由市場の「COFFEE マルシェ」です。
ここの銀だらが有名なので食べてみたいということです。

駐車場の裏手から入りますので、正面の写真はなしでした。

■函館市新川町1−2
■電話 0138-22-7686
■営業 07:00〜15:30
地図は、こちらです

市場の駐車場が使えます。
IMG_8478
自由市場のお店のマップにも、しっかり「マルシェ」の銀だらが掲載されています。
sIMG_8483
久々の「Coffee マルシェ」です。

調べてみたら7年ぶりとなっていました。
時の流れるのは早いもんです。(^^)
IMG_8489
ここはカフェとなっていますが、お店の壁のメニューのほとんどは海鮮か魚定食がPRされています。
さすが自由市場の中のお店です。IMG_8484
当店人気メニューということで「銀だら定食」が一位となっています。

※メニューはじめ各写真は画像をクリックすると拡大します
imageimage
一番人気メニューの銀だら定食です。1200円。
これにライス・味噌汁・漬物がつきます。

銀ダラは鱈(たら)ではありません!

銀ダラは、そんな大きくはありませんが、とっても脂がのっています。
これ高級魚なんです。(^^)
IMG_8502
ところで銀だらは鱈(たら)だと思っていませんか?
これ実は鱈とは違うんです。
深海魚で、あぶらこやホッケに似た魚で、皮は鱈が白っぽいのに対して銀だらは黒くなっています。
脂は鱈はたんぱくですが、銀ダラはとってものっています。

銀ダラは、カサゴ目 ギンダラ科 ギンダラです。


鱈と銀だらはどう違いますか?

という質問がネットにありました。こちらです。


鱈より値段が高くて高級魚ですので、オヤジのような庶民はなかなか食べることはできません。

そうそう、銀ダラといえば夜は焼き鳥 太郎が有名でした。

「皮がウマイんで是非と」!

image
先輩の魚の食べ方が上手なんです。皮のみを残してです。
オヤジが誉めていると、その話をマスターが聞いていて「その皮のところが美味しいので、ぜひ食べてみて」ということで味わいます。
魚の好きな方は皮までですね。

オヤジは、きたない食べ方なんで見せられません。(^^)
imageIMG_8514
ここは日替わりランチがあったので頼んでみると売り切れたということで塩サバ定食を注文です。1200円(税込)

サバはデカイもんです!
IMG_8520
鯖はけっこう大きな鯖でした。
中は、そんなにしょっぱくはないのですが、表面に塩がありますのでご飯がすすみます。 (^^)
ていうかそのままでもウマイんです。
ご飯のおかわりはできないようです。

食べる方は、この茶碗では3杯はいきそうです。(^^)
image
サバは、まずまずの脂です。
味噌汁です。
image
テーブはこじんまりなので、このように食べました。
オヤジがけっこう陣取ってしまいったのです。すいません〜。

七飯の湧水というこだわり!

そうそう水を注いでくれて「いや〜函館の水はやっぱりウマイな〜」と言っていたら、七飯の湧水でした。
ここの水は、湧水ということをすっかり忘れていました。(^^)
ご飯、コーヒー、味噌汁までこの水を使っていて、すばらしいこだわりです。
だもん味噌汁もごはんも美味しい訳です。
imageIMG_8491
店内のカウンタです。
IMG_8540
テーブル席は、手前側にもう一席あります。 

IMG_8631
自由市場を少し見てきました。  


image