imageIMG_5793 
今回、一度は行きたかった「望楼NOGUCHI函館」に行くことができました。
ここは、サービスから食事まで素晴らしいもので、うわさにたがわぬところでした。
ディナー(夕食)を味わってきましたが大満足でした。IMG_5902
ここは、けっこういい値段がするので食事は部屋食かなーと思っていたんですが、食事処へと誘導されました。
これが立派な個室になっていて、あずましく食事することができました。IMG_6139
食事処には本物の竹林の庭があり驚きました。竹はかなりの本数なんです。

そうそう、このディナーのためにランチは軽めにしていて気合いが入っているんです。笑
  IMG_5865
今回のメニューです。
モダン懐石の「春爛漫」という料理です。

最初から驚きの料理!

IMG_5874
これが最初の料理で、器や飾り付けなどが見事で驚きます。

オヤジは、これだけでも満足という気になります。 (^^)
IMG_6022
今回のメニューです。

凝っている料理です。
IMG_5872
食前酒は「春の宵」ということで桜色がいいもんです。
これは、ホタテのアヒージョです。

日本酒もオシャレに!
IMG_5883
ここは部屋でのお酒類は無料ですが、食事処での飲み物は別料金となります。
それがかなりいい値段なんです。(^^)
日本酒を注文します。
函館奉行の銚子で 1296円(税込)でした。
image
この器もオシャレなもので氷で冷やされています。
上に持ち上げると日本酒が入っていて、これを注ぎます。

普段に居酒屋で気軽の飲む日本酒の「函館奉行」も、こうなるととっても美味しく感じるんです。
まさに「器で飲む」の境地でしょうか。(^^)
IMG_5899
こういう料理、真似は無理なんで盛り付けだけ真似したいもんです。
あ、無理だって。そうですね〜。(^^)

サクラ咲く、一凛の甘エビ新丈椀
image
椀は「サクラ咲く、一凛の甘エビ真丈椀」です。
新丈とこれはそら豆でしょうか。入っていました。

これは見せます〜!
IMG_5921
刺身料理も出てきます。ドライアイスでしょうか。
これはいいショーとなりました。(^^)

刺身料理です!
IMG_5940
おちつくと、この料理です。
image
本鮪は、がごめ醤油でいただきます。
キングサーモンの漬けです。
春鰊は土佐醤油とわさびで、ホタテはめかぶとろろ醤油で山かけにしていただきます。

IMG_5999
これ、料理長からのサービス でした。
image
白魚も入っていました。

メインの魚料理!
IMG_6009
こちらはメインの魚料理は「函館産メバルのグリエ〜梅風味のバルサミコソース〜」です。IMG_6006
普段、食べているメバルもこう料理されると別格になります。(^^)   
IMG_6024
口直しのシャーベット。

メインの魚料理!

IMG_6027
肉料理は「大沼黒牛の春野菜焼き&桜姫鶏と越冬男爵いものネギソース」です。
IMG_6041
大沼牛と桜姫鶏、どっちも好きです。

釜炊きごはんは絶品!
IMG_6085
こちらの釜にはいってきたのは、北海道が誇る米「ふっくりんこ」の釜炊きごはんです。 
IMG_6074
お店の方が、かき混ぜてくれます。
IMG_6077
はじめはおしとやかに食べます。
IMG_6090
これが美味いのなんのって絶品なんです〜。
久々にコゲも食べることができ、米ってこんなに美味しかったっけと思うほどでした。

最近は、安い炊飯器の米しか食べたことがないので、まずコゲにはお目にかかれません。
いや〜、これ素晴らしいものでした。
もちろん、おかわりで釜を空にしました。(^^)
IMG_6080
「料理長手作りの漬物五稜郭盛り」、それっと中央は登別藤崎わさび園のわさび昆布ということです。

なるほど漬物の並びが五稜郭です。いや〜、遊び心もありますね。


デザートもすごい!

IMG_6102
デザートがでてきます。
IMG_6108

コーヒーです。ミスズさんのコーヒー豆のようです。IMG_6112
水菓子は、デコポンのロールケーキ、タケノコのマフィン、いちごのチョコレートムース、桜アイスクリームです。

image
この器なんだべ? と思ったら砂糖君でした。
IMG_6005
食事処は、このように。

●朝食の記事はこちらです

●温泉・BAR・カフェ・部屋の記事です