imageIMG_6071
この日は、4月26日に函館市本町にオープンした「立ち呑 YORU 北」に行ってみました。
立ち飲みのお店ができてうれしいのです。(^^)
場所は丸井デパート、野村證券の道路を隔てた向かいです。      

■函館市本町25−12
■営業 18:00〜23:00(LO22:30)
■定休 不定
■地図は、こちらです

IMG_6069
夜の店構えは、このようになっています。
お酒のお店らしくクラッシクのノボリがいっぱいです。

しかし昼のお店を見ると・・・

お店は昼と夜の二刀流!
hiru-kitaya-mise
なんとお餅屋さんなんですヨ。
昼は甘味、夜が辛党と今で言うところの”二刀流”なんです。
これにはビックリです。

お店はこんな感じです!   
image
はじめてお店に入ってみると、先客が二人いまして東京、札幌から来て近くのホテルから、ここに来たそうです。 
「餅乃北屋」さんの木の立派な看板とその下には”からり芋の焼酎”の暖簾です。
このギャップが話題になると思います。
HO誌さん〜、ぜひ取材を。(^^)

メニューです!   
IMG_6046
メニューです。

※メニューはじめ各写真は画像をクリックすると拡大します
IMG_6033
ビールは450円です。 (税込)
このシルバーの箱にお金を入れておきます。

経験者は語る?!   
IMG_6042
テーブルに小銭があるとわかるのですが、箱が底が深いので帰りに忘れるので注意です。
と経験者は語ります。笑 
IMG_6040
ビールのつまみには「チーズ・サラミ」です。350円
思ったより入っています。
IMG_6049
おいなりさん、缶詰(300円)、ちんみなども揃っています。

本日の日本酒リスト!      
IMG_6050
「本日の日本酒」です。
image
この日の日本酒は、これだけ用意されていました。
瓶があくと次の日本酒が入れるそうで、日本酒をどれにしようかと選ぶのも楽しいそうです。

それもそのはず、ママさんは今は閉店しましたが料理と日本酒で名高かった本町のお店にいたこともあるそうです。詳しい訳です。(^^)

日本酒のスキルは、かなり高くてソムリエのように感じます。

そうそう、ママさん、ここの餅屋さんの方なんです。

男山の無濾過生原酒を!

IMG_6054
その中から陸奥 男山の無濾過生原酒です。500円(税込)
ここでは、日本酒は全て500円です。
IMG_6053
日本酒を注いでくれます。

無濾過生原酒はアルコールの濃度が18度くらいかなと思ったんでが17度でした。
惜しかった〜。(^^)

ママさんオススメの豚の角煮
IMG_6060
別な肴ということで、ママさんオススメの「豚の角煮」です。250円(税込)

新潟の酒「凌駕」を!
IMG_6065
次は、すっきり系という新潟の凌駕です。 IMG_6062 (1)
日本酒の銘柄がわからない時、何を飲むのかは好みを言ってママさんに聞くといいと思います。

この酒、旨辛8Kとは面白い!(^.^)
      
テーブルはT字型
IMG_6048
テーブルはT字型になっています。
IMG_6067
昼はお餅屋さんなのでテーブルを片付ける必要があるということで簡単に片づけができるように考えて作ったそうです。
IMG_6035
休みの告知です。

image

twitter・インスタ画像



電停側にお店があります。