IMG_0915
この日は、TAKA五稜郭に行きディナーを楽しみました。
コースでしたので予約して行きました。

■函館市五稜郭町25-12
■電話 0138-83-5777
■営業 11:30〜14:00 18:00〜20:30
■定休 火曜
■地図は、こちらです


駐車場は、お店の右手と裏側にあります。

IMG_0916
 ここは一軒家のレストランです。
image
玄関で靴を脱ぎ入ります。

IMG_0917
はじめて、こちらの和室の部屋へと通されました。
以前に、ここはマダムから説明をうけていていいところなんです。
IMG_0920
ここはディナーは2種類とのことで、4000円くらいのと、こちらの6372円
のです。

今回のコースメニューです。    

image
image

既に飲んできていましたが、 赤ワインで4700円のものです。
オヤジは、ちょい濃いほうが好きだったかな。 (^^)

ここは、ワインの持ち込み1000円でOKとのことです。
いいワインの持ち込みもいいですね。
IMG_0923
ワインリストの一例です。

image
IMG_0943
「本日のアミューズ盛り合わせ」です。

IMG_0955

冷たいカブのスープもあります。

image
鮪の棒寿司、カブのスープです。
凝っている料理です。
  imageIMG_0967
「平目と毛蟹のマリネ 山葵アガー」 です。
image
平目は2切れが重なっていて、その下には毛蟹です。
IMG_0986
これで終わりではなく、途中からこの青々とした茹で立てのアスパラを入れてくれるんです。IMG_0990
そしてこれがまたデカイんです。25cmはありすごいもんです。
食べても、もちろんこれは素晴らしい〜のです。(^^)

こういう仕掛けって楽しいもんです。
IMG_0995 
自家製パン。

image
IMG_0998
「オマール海老のパイ包み」です。
image
パイの中身を見てみます。
シェフいわく、このパイにはオマール海老がとっても合うということです。
確かにでして、こういう料理は食べていて楽しいものです。
パイを崩しながらですので、ちょい”ばっぱく”なりますが、それもまた楽しです。(^^)
image
IMG_1026 (1)
「桜鱒のムニエル ビーツのソース」です。

image

この鱒の少し焦がした感じがとってもいいんです。
いや〜、こんな美味い鱒は久々です。
奥尻の今時期の鱒以来かな。
imageIMG_1034
「蝦夷鹿のグリル牛房のソース じゃが芋のピューレ」
IMG_1036
鹿肉はあまり好きではないんですが、これとっても美味かったんです。(^^)
相方さんは感動していました。

そして隣に添えられている”まいたけ”もこれまたいい香りと、焦げた食感と味はすばらしいのです。 

オヤジ、この味は「厚沢部の渋田さんのとことのマイタケですか?」と聞くとそのとおりで、シェフとこの件で盛り上がりました。(^^)
渋田さんのマイタケはとっても香りがいいんです。

imageIMG_1043
「白チョコのムースとカタラーナ」です。

imageIMG_1054
ドリンクはハーブティにしました。 IMG_1091
砂時計が落ちてから飲みます。
drink-harbu
レモンだったかな。これを入れると、このように色が変化しました。
image
貸し切り状態で、あずましく食事でした。
ここのディナー満足しました。

そうそう、ここランチもいいんです。

●ランチの記事です

●こちらのランチも
IMG_1092
こちらがテーブル席です。

そうそう、マダムがいなかったんでお聞きしてみると、なんとお亡くなりになったということでした。あんなにいい対応をしていただいていたのにビックリでした。

image
twitter・インスタ画像