IMG_20190927_191815

この日は、初秋のでの函館・大沼鶴雅リゾートエプイでのディナーです。

このところは、いろんなところに行っていて少々疲れ気味です。(^^)

■七飯町大沼町85-9
■電話 0138-67-2964
■営業 11:30〜15:00 LO14:00 18:00〜21:00 LO20:00
■地図は、こちらです
IMG_20190927_192336
このような巻物があります。(^^)
このロゴは、EPUYブランドでいろんなところで目にします。
先住民族の文化からインスピレーションしたデザインのような気がします。
これいいデザインですね。
IMG_20190927_192316
今回のメニューは7品で、ミナというコースです。
imageIMG_20190927_193231
このお皿は木目でオシャレなんです。
ちょっと料理とのコントラストが気になりますが、解釈すると「森の中のアンサンブル」でしょうか。と勝手に忖度フォローです。(^^)
IMG_20190927_193327
拡大です。
鹿肉のパテでのっているのはジャムです。
クリームソース、バルサミコソースが添えられています。
IMG_20190927_192736
オヤジは日本酒にしました。
IMG_20190927_192215_1
大七の純米 生酛です。お酒は別料金で864円(税込)
後述しますが、ここのBARで飲んでいたんでけっこうなほろ酔いなんです。(^^)
imageIMG_20190927_194615
パンはレストランの横にあるここ自慢のベーカリーのものです。
imageIMG_20190927_194902
「ラタトゥイユとずわい蟹 赤パプリカスープ」です。
IMG_20190927_195019_1
ずわいはやっぱりいいもんです。(^^)
IMG_20190927_192756
こちらはワインでミディアムボディ。
確かフランスので渋み系のものだったかな〜。
imageIMG_20190927_195852
「函館ブイヤベース」です。
image
函館で獲れる魚介類を使っています。
白貝です。
このダシがいいんです。(^^)IMG_20190927_200028
パン、美味しいのでおかわりしました。(^^)

これは以前のディナーでも提供されていました。

●この手の料理が得意でランチにも提供されています。
●鉄鍋魚介のマルセイです。
imageIMG_20190927_201430
「北海道産牛頬肉の煮込み ハーブの香り」です。
image
エスプーマも使っていてナス、その下には頬肉でこのようにホロホロとなっています。
imageIMG_20190927_203043_1

「季節のフルーツコンポート ソルベ添え」です。
お店の若いおにいさんが、「これテーブルに映る皿なんです」と言って持ってくれます。
これは、いい演出でした。

お店の若葉マークの若者さん、ういういしくもがんばっている姿が伝わってきました。
とってもよかったですよ。(^^)
この日の接客は忘れません。感謝です。ありがとう〜。
がんばってください! 

image
IMG_20190927_203552
こちらは、コーヒーと紅茶です。

●以前の9品のディナーの記事です 
IMG_20190927_204145
テーブルには、この灯りです。
なんともいい雰囲気です。

●ここはランチもいいんです。
ssIMG_20190927_204336

巨大な暖炉の上のモニュメントは、エプイの名物となっています。
ふ〜、満足のディナーでした。

image

インスタ・twitter・見出し画像