IMG_20191021_134913

新そばのシーズンなんで、この日のランチは「蕎麦の館 蛾眉野」です。

■函館市昭和1−14−1
■営業時間 11:00〜14:30
■定休 木曜日 祝日の場合は営業
■地図は、こちらです

駐車場は、お店の前です。


IMG_20191021_134920_1
ここは日替わりで蕎麦粉を変えていて、この日の蕎麦粉は「北の摩周」です。
IMG_20191021_134937
では店内へと入ります〜。

IMG_20191021_135021

メニューは、その日の蕎麦粉のメニューを出してくれているんです。

IMG_20191021_135026
今回の「北の摩周」説明です。都度、そば粉に合わせて変更しています。

ここは、手打ちそばの名店なんで楽しみです。


普通のもりそばにしてみました。800円。

消費税がアッブしてから少し上がったようです。


先生がそばを打っています。

店主さんは、元校長先生で赴任されていた函館市の蛾眉野から、この店名をつけたのです。
先生の教員時代の教え子さんも、お店に来るそうです。

学校での教師生活は卒業されけっこうな年月が経ちましたが、今は蕎麦打ち教室で教鞭をとられています。
image
IMG_20191021_135636

さて、蕎麦がやってきました。
いい色です。
お聞きしてみると、この「北の摩周」の新そばはつい最近到着したということでした。
IMG_20191021_135654_2

なにもつけずに口に運ぶと、蕎麦の品のいい香りが鼻孔へと抜けていきます。
そして、この甘みはけっこう感じ驚きます。
ここの蕎麦は十一蕎麦といわれるもので、ストイックなまでに蕎麦道を訴求されているのが伝わってきます。
満足の蕎麦でした。
新そばは、やっぱりいいもんです。(^^)
ssIMG_20191021_140313
そば湯は、そばツユの猪口とは別にこのように提供されます。

image
これは、そば湯のこだわりの証左なので、もちろんそば湯はこのように濃厚です。
こういうそば湯が好きなんです。(^^)

ssIMG_20191021_135037
店内は賑わっていました。
空いたところです。
image
インスタ・twitter・見出し画像