image
IMG_20191104_131750
この日のランチは、桔梗の「手打ち蕎麦 うさぎ庵」で新そばを味わいます。


■函館市桔梗5-13-52
■電話 0138-47-0028
■営業 11:30〜14:30 17:30〜20:00(金土日のみ)
■定休 木曜日
■地図は、こちらです

駐車場は、お店の右手と前です。
ここですが、お店のHPによると14日まで臨時休業となっています。

IMG_20191104_131837
玄関で靴を脱ぎお店に入ります。
フラットになっているので、そのまま行かないように注意です。
オヤジ、最初に間違って行くところでした。

IMG_20191104_132204
メニューです。

※メニューはじめ各写真は画像をクリックすると拡大します
IMG_20191104_132212_1
酒などのメニューです。

image
IMG_20191104_132827
相方さんは、ここ初めてということなのでBセットです。1230円(税込)
ここはセットは、とってもお得なんです。

消費税がアップしたので少し値上がりしましたが、定食としての観点からもとてもリーズナブルなんです。
大きな3本の海老天とフルサイズの手打ち蕎麦です。
これはいいもんです。(^^)

大きな海老が3本の天丼!
ssIMG_20191104_133339_2
大きな海老天ぷら3本がつくんです。
ここでは丼かライスか選べますが海老天丼にしました。
この海老の大きさが伝わるでしょうか。
どんぶりからはみ出るようなサイズなんです。(^^)

この大きさの海老では単品でもけっこういい値段がしそうです。(^^)

そうそう、天ぷらとご飯が別なBセットの記事です 
Aセットの記事もです。

今回は「幌加内産のほろみのり」
ssIMG_20191104_133441
さて肝心の手打ち蕎麦ですが、今回の蕎麦粉は「幌加内産のほろみのり」です。

image

手打ちに多く使われているキタワセの「これぞ香りある蕎麦だぜ」というよりは上品な感じで少し甘味のある蕎麦となっています。と緩めの表現です。(^^)
image
IMG_20191104_132849
オヤジは、皿蕎麦にしました。750円(税込)
ここではセットがとってもいいのでそればかりでしたが、今回はじめて蕎麦のみとしました。
もり蕎麦とかの名称ではないんだな〜と思ったら、奥さんの皿で味わう蕎麦なのでそのような名称にしたということです。
青ぽさん〜、教えていただきありがとうございました。(^^)

新そばを楽しむ!
IMG_20191104_133303
今回の「幌加内産のほろみのり」を楽しみます。

幾種の蕎麦をローテーションで
IMG_20191104_133133_1
店主さん、お客も一段落して席で蕎麦談義となりました。
するとこれを持ってきて、いろいろ蕎麦粉を変えて提供しているとのことです。
まだあったようですが、このくらいにしていただきました。

オヤジ、「この蕎麦を変えるタイミングは?」と聞くと
店主さん「気まぐれ〜」ということで、これには爆笑でした。(^^)

そうそう、店主さんは会社をリタイヤして趣味の蕎麦を第2の人生の仕事にしましたが、定年近くに長期休暇を取得して蕎麦の資格を取りに行ったそうです。
食べる側の試験も知っていて、この話は盛り上がりました。(^^)
IMG_20191104_134053
そば湯は早い段階できました。
猪口は別にはついてきませんので、お茶を飲み干しそこに蕎麦湯を入れて飲みます。
濃くはありません。
IMG_20191104_132917
今回は、このような蕎麦でした。

ssIMG_20191104_132247
今回は、初めて椅子テーブル席での食事です。
店主さんと楽しくお話ができ楽しい食となりました。
感謝です。

image


インスタ・ twitter・見出し画像