image
image
この果物100%のジュースをいただきました。
美味しそうです。

200808  って〜
 IMG_20191122_094004
で、なにげはなしで裏を見ると 200808 と書かれていたんです。

2008年8月8日とは

え〜、送られてきたばかりで、そんな〜と思ったんです。

ま〜缶なんで悪くはならないと思ったんですが、「今は2019年だから11年前も前に賞味期限が切れたということですか〜?」と思ったんです。

まー、缶なんで悪くはならないと思うんですが、連等先のフリーダイヤルがあったので確認してみると・・・・結末は

フリーダイヤルの電話口のおねえさん、「これは瓶ですか缶ですか」聞いてきますので答えて「20808」の賞味期限は問題ないかを伺ってみると

おねえさん優しく教えてくれてくれました。

20年8月8日でした

なんと20年8月8日ということです。
あちゃ〜、なるほど納得です〜。(^^)

これには自分に笑っちゃいました。

おねえさん、この答弁に慣れていたのが伝わってきました。(^^)


箱にはこのような表記が!
line_1574588488778
くれた方も、オヤジと同じように思ったんです〜。
箱の表記を送ってくれました。(^^)
この件で、大笑いしました。
知らないが故にで、勉強になりました。
オヤジ、普段は賞味期限はなかなか見ることはありませんでした。

この件について何人かにこの画像を見せて、なんと見えるか聞いてみたのですが、2008年と思った人のほうが多く、ある方は「あたりまえだべさ〜 20年8月8日」に決まってるっしょ!」という方もいました。さすがです。
image
冷蔵庫にあったものの表記です。
まだあるんですが、そのような表記がありませんでした。
このように”・”で区切ってくれればわかりますね。

表記の規定について調べる!

これは20.08.08と区切れば混乱はないのかな〜と思い、この表記方法の規定について調べてみたところ

消費者庁のWEBサイトで書かれていました。

長いので要約すると、賞味期限 2020年8月8日、賞味期限 20.08.08のように書くこととされていますが、賞示が困難な場合には 賞味期限 200808等にすることも差し支えないと書かれています。西暦の場合は6桁又は8桁で表示してもいいそうです。

なるほど納得しました。(^^)

最初に決める際に!
これは消費者省が決める際に、6桁表記(200808)を認めず8桁(20200808)にすれば問題はなかったのかな〜と思ったのでした。(^^)

image

このジュースの色を見てください。

この色といい美味しいジュースでした。
これは健康によさそうです。

すいません〜、あらぬことを思ってしまって。
なんといってもオヤジが知らなかったのが問題でした。