IMG_20200528_151711

ランチは、八雲町の「カフェ クレープ くるる」です。
こうして正面から見ると、お店は狭いように感じますが、実は奥行きがあって広いお店なっているんです。
ビックリしますョ(^^)

■八雲町内浦町135−7      
■営業 11:00〜19:00 日曜〜17:00 
■定休 月曜日 
■地図は、こちらです 

駐車場は、お店の前です。

IMG_20200528_153144

ここは平野畜産で経営をしているんです。なので肉料理も美味しいんです。 

ママさんは庭にいて挨拶をしてお店へと入ります。
IMG_20200528_152427

顔なじみになつたママさんに「おすすめは?」と聞いてみると、しばし考えて「ダブル丼か、煮込みハンバーグかな〜」と返事が返ってきましたので、煮込みハンバーグにしました。


このメニューは、温かい料理なので夏の期間はやめようと思っていたとのことですが、評判も良くて継続しようかなと思っているそうです。
どうなるかは不明ですが、いい料理なので継続すればいいな〜と思っていました。

八雲では、カフェ飯というと喫茶「嵯峨」だったののですが、マスターが亡くなりランチはやらなくなったので最近はこちらに来ています。


IMG_20200528_152301

ママさんから教えていただいたのですが、ここは八雲の旦那さんの平野畜産の直営店で、札幌にある加工所から肉が送られて来るそうです。


八雲には平野牧場と平野畜産がありそれぞれ兄弟で経営されているそうです。

待っている間にこのようにしてスマホで下書きを書いてるんです。

この時間を有効に使えるので、スマホは必需品です。以前はこのためにノートパソコンを持ち歩いていましたが、今は必要ありません。重いノートPCを持参しなくてもよくなりました。
といいつつ、当時としては軽い12インチのものを持参していました。(^^)
便利な世の中になったものです。

imageIMG_20200528_153625
出てきたのが、こちらの「煮込みハンバーグ」です。 1050円(税込)
ハンバーグは、合挽ではなく100%の牛肉で八雲牛ということです。

そうそう、この肉を食べていて「酪農の町 八雲」というコビーを思い出しました。
昔は、ずいぶんとそう言われていたものですが、このところはあまりこのワードを聞かなくなってきました。
IMG_20200528_153735
おっと話を戻します。
スープはデミソースのスープの中に、この中にハンバーグが泳いでいます。
というような表現と思ったのですが、そんな大きさではありませんでした。(^^)
てがいんです。 😀
ママさんと話こんでいて、寸法を測るのを失念しました。 
IMG_20200528_153807_Fotor_Collage
ウィンナーも入っていました。
IMG_20200528_153636_Fotor_Collage

サイドメニュの野菜は、大きなものがゴロゴロと入っています。
八雲牛100%のハンバーグ、なかなかでした。
さすが畜産会社の直営店です。

IMG_20200528_155150_1
ランチ時間には、コーヒーウーロン茶がつきます。
アイスコーヒーは、+100円 です。

IMG_20200528_160330
店内です。
やはりこちらでも、コロナ騒ぎで食事のテイクアウトも提供したようです。 
クレープ、ピタサンドなどは以前から提供しているということです。

IMG_20200528_152152


まだテーブルもあり、二階席もあります。