image
IMG_20201004_144630

新そばのシーズンですので「手打ちそば処 大阪屋」の新蕎麦を食べに行きます。
ここの蕎麦屋さんは、自分で手打ち蕎麦を打つ蕎麦通の元「マイルスの枯れ葉」のマスター夫妻が気に入っているところです。
マスターのところにおじゃまをして、その帰りに寄ってみました。

■函館市桔梗町418-487
■電話 0138-47-3800
■営業 11:00〜15:00 17:00〜20:00
■定休日 木曜日
■地図は、
こちらです


場所は、花の湯温泉の近くです。駐車場はお店の前です。

新そばの旗が!
oosakaya-shinsoba1
暖簾をくぐります。
新そばの旗があります。

メニューです!
IMG_20201004_144517_1
すぐにもりそばを注文し、そのあとにメニューを見てみると安いです。

音威子府産の石臼挽きの新そば!
IMG_20201004_143026
壁には、音威子府産石臼挽きで二八の手打ちそばということが書かれています。
image
IMG_20201004_143732
もりそば 670円(税込)です。

二八の手打ちそば!
IMG_20201004_143659_1
二八の手打ちそばです。
そばの香りは、ほんのりと控えめに感じます。
image
タレは濃いもので、かえしもいい感じで、やはり特徴なのはこの濃さでしょうか。
美味しい手打ち蕎麦としては、このくらいの濃度が嬉しいものです。

蕎麦湯はけっこう濃厚!
image
そば湯は、濃厚なものです。
ツユが濃いので、シンプルな味を楽しむためにセルフサービスのお茶碗で蕎麦湯を飲ませていただきました。
image
6ce18fdb
ここに2人前を食べれる「もり三段」というのがあるんです。970円(税込)

以前に食べました。

これで2人前!
39a45dc7
これで2人前です。

image
SSSSMG_20201004_143409
カウンターは、この左、右手にもあるので一人でも安心です。

IMG_20201004_143405
もちろん充実したテーブル席も用意されています。
ここれは整理整頓キレイがすばらしいです。」
遅く行ったランチ時間なので、お客さんは少なくてあずましいものでした。

お隣は「甘未処 大福の大阪屋」さん
IMG_20201004_144644

蕎麦屋さんのお隣は、「甘未処 大福の大阪屋」さんです。
ここでランチ2食目だったので、ちょっと食べすぎていて大福を買えずでした。

参考まで以前に記事です。

f439e5c1
小さな大福のセットです。
image
このような感じです。
image
twitter・インスタ・見出し画像です