image
IMG_20201025_142000

函館の手打ちそばの名店「蛾眉野」に、新そばを味わいに行きました。
今年の新蕎麦はまだ出来のいいのにめぐり合っていませんが。ここのはどうかなーっと訪問です。

■函館市昭和1−14−1
■営業時間 11:30〜14:30
■定休 木曜日 祝日の場合は営業
■地図は、こちらです

駐車場は、お店の前です。

IMG_20201025_140858
行ってみると、暖簾が下がっていました。
仕方なく帰ろうと車に戻ると先生(ご主人、元校長)が出てきてくれて「いいですよ〜」ニコっとえびすさんのような笑顔でおっしゃってくれたんです。ありがたいもんです。

てなことでお店に入ります。
たぶん食べるのは数分かからないと思います。(^^)
IMG_20201025_140928_1
食べるのは、決まっているので見なくてもいいですが(^^) 一応。
IMG_20201025_140933_1
この日の蕎麦は「キタワセ」で十一の手打ちそばです。
といちです。
image
IMG_20201025_141246
もりそば 800円(税込)
これは、なんともいい色で期待できそうです。

新蕎麦を楽しむ!

IMG_20201025_141320
つゆなしで口の中に含みます。
すごくではありませんが蕎麦の香りが感じられ、ほんのりとした甘みを感じます。
これぞ新蕎麦です。
これはいいもんでした。(^^)
ほんと蕎麦は、現地の収穫に左右される食事だなということを実感します。
オヤジが食べた中では今のところ一番です。(^^)
昨年は「はままつ」の蕎麦でした。

IMG_20201025_141417
少しだけ汁につけて味わいます。

現代の手打ち蕎麦といえば、このキタワセが一番多いと思います。
ここ蛾眉野では日替わりで品種を変えてくれるんで、それぞれの品種を味わうことができ蕎麦好きの方々が行かれているようです。

蕎麦湯は濃厚です!

IMG_20201025_141650
ここの蕎麦湯は濃厚なんで嬉しくなります。
こういうのを味わうと、もう蕎麦湯はオマケではありません。
やっぱ蕎麦湯の美味しいのは嬉しくなります。
”蕎麦湯の地位向上”がもっともっと認知されてくるといいな〜っと思ってるんです。(^^)

IMG_20201025_141655

最初はツユに注ぎますが、オヤジ、ほとんど汁はつけて食べないのでツユは減らないので、ちょっとしょっぱめになります。
別な器で蕎麦湯を!

IMG_20201025_141733
というか、この美味しい蕎麦湯は別の茶碗でいただきます。
蕎麦湯をそのままと、汁の入った蕎麦湯を交互に飲みます。
これ、なんともいいもんです。(^^)

ここの蕎麦湯、てっきり別の鍋で蕎麦湯を作っていると思っていたのですが違いました。

IMG_20201025_141756
店内です。最後の客でした。
ありがとうございました。感謝です。

image
twitter・インスタ・見出し画像です