image
じゃがいもファクトリー
ssIMG_20201101_122632

11月1日の今日、じゃがいも専門店 せたな町「なな実」が函館市五稜郭町に「じゃがいもファクトリー」がオープンし、ランチの後に出かけてみました。
この「じゃがいも専門店」っていうのは、函館では初めてじゃないでしょうか。

ここは農家直営のお店で、せたな町には農業のやっている知人がいるのでシンパシーを感じます。

■函館市五稜郭町3−16
■営業 11:00〜18:00
■定休 木・第1水曜
■地図は、こちらです


●なな実のFAEBOOKは、こちらです
●なな実のインスタグラム

IMG_20201101_121407_1

場所は、ハセスト本町店の裏手のポケットピザ函館本店に併設されていて、この看板が出ています。
なな実さんは、各地のイベントに出店していてかポケットピザも販売されていたんで関係あるのかな〜と思っていましたが、案の定、ポケットピザさんは、ここ「なな実」さんと業務提携をされているそうです。


ポケットピザの女性社長さんのブログにも掲載されていました。
予想は当たっていました。(^^)
IMG_20201101_121907
せたなの友人に電話で聞いてみると、農業法人を行っていてイモに付加価値をつけたいろいろなビジネスを手掛けていて、アグレッシブに活動をされている方と聞きました。
ということで代表の方と少しくお話をさせていただきました。

お店に着いてみると、黒塗りのクラウンがお店の前の駐車場に見てみると議員先生でした。
噂は、昨日の夜に話を聞いていました。

ssIMG_20201101_121917_1
店内です。
IMG_20201101_121701
このように、変身したビジュアルの素晴らしい”じゃがいも”があります。
IMG_20201101_121635
下段にあるのは「トロワフリット」というそうで「一度で3度の味を楽しめちゃうお得なフレンチフライ」と書かれています。好きなんでそういう”グリコ”ワード。(笑)

メニューです!
IMG_20201101_121645_1
こちらの黒板にもメニューがあります。

IMG_20201101_122019

メニューを見てみると、フライドポテトやポテトチップスなどのメニューがあり、おしゃれにデザインされています。

※メニューはじめ各写真は画像をクリックすると拡大します

ddIMG_20201101_121927
システムは先払いをして、右隣でできたものが渡されます。

ご祝儀は「せたな町」からも!
ssIMG_20201101_121647_1
ここでは、小いけのカレーも経営しているのでレトルトのカレーも置かれています。
ご祝儀は「せたな町」からも届いていて、せたな町のお店だなというのを感じます。
そして新しい農業への期待もされているんだろうなとこれを見て思うのでした。期待されています。

ここの「なな実」は旧北桧山町ということです。
IMG_20201101_123954
ということで買ってみました。
image
IMG_20201101_124223
ポテトッチップは、ちょっと皿に入れました。
●トロワポテチ  350円 大きいのは500円、これは小さいほうです。
●トロワフリット 400円
●彩ポテトフライ 400円

計1150円(税込)です。
キレイなイモに変身しています。
IMG_20201101_125009
見ているだけで、とってもカラフルで楽しくなります。
IMG_20201101_124140
別角度からです。
左上の「トロワフリット」は、男爵、ノーザンルビー、シャドークイーンの3種の味を一度に楽しめるフライドポテトだそうです。
下段の彩ポテトフライは、他のとは違ってあまり映えてないかな。(^^)
でも一番イモの味がします。


オープン記念でブタ汁がふるまわれていました。
ありがたいものです。

これと比べてみました!
IMG_20201101_124653
酒の肴の100円くらいポテチがあったので比べてみます。
image
やっぱり違います。
パックのポテチは化味のような複雑な味付けですが、こちらはシンプルな味付けのように感じます。
いもいもらしさも違うかな。


せたなの農業といえば以前も少し書いたのですが、せたな町にはあの居酒屋の和民のワタミファームがあるんです。小泉総理大臣の時の農業特区としてここが認められました。なのでワタミチェーンの野菜は、ここから提供されています。

image
twitter・インスタ・見出し画像です