函館の飲み食い日記

函館在住のオヤジによる飲み食い日記です。 居酒屋、食事、ラーメン、蕎麦、ランチ情報、地産地消を中心にUPしています。函館の地元民からの生情報です。コメントは誹謗中傷など内容によっては、フィルターさせていだきます。☆は、お店の評価ではなくオヤジのその時のきまぐれ気分ですので、よろしくです。 メール oyaji3939@gmail.com

またまた、ラーメンですが、北斗市のラーメン初代 杜(やしろ)に行きました。主人は研究熱心そうで店内にも、その雰囲気が満ち溢れています。味噌ラーメンを注文してみましたが、炙りのきいたチャシュー、味にしみわたった玉子、しなちく、万能ねぎ、そして研究したという
5
またまた、ラーメンですが、北斗市のラーメン初代 杜(やしろ)に行きました。主人は研究熱心そうで店内にも、その雰囲気が満ち溢れています。味噌ラーメンを注文してみましたが、炙りのきいたチャシュー、味にしみわたった玉子、しなちく、万能ねぎ、そして研究したという

続きを読む

このところラーメンネタが多いのですが、北海道八雲町の「金太郎」というお店で、店内のお客が多く注文している「金太郎ラーメン」を頼んでみました。するとこんなに大きな器で出てきまして、こんなんは食べられないと驚きましたが、器は大きいのですが中身は普通でした。キムチ
3
このところラーメンネタが多いのですが、北海道八雲町の「金太郎」というお店で、店内のお客が多く注文している「金太郎ラーメン」を頼んでみました。するとこんなに大きな器で出てきまして、こんなんは食べられないと驚きましたが、器は大きいのですが中身は普通でした。キムチ

続きを読む

          かねてから行きたかった中華料理の「華京」に行きました。平日の昼は、オープンしないというお店でして、土日の昼はやっているようです。これが、噂にたがわずおいしい店でして、昼食時はお客さんで満杯で待ちの方もいました。料理長は有名ホテルを経て
5
          かねてから行きたかった中華料理の「華京」に行きました。平日の昼は、オープンしないというお店でして、土日の昼はやっているようです。これが、噂にたがわずおいしい店でして、昼食時はお客さんで満杯で待ちの方もいました。料理長は有名ホテルを経て

続きを読む

  北斗市の「蕎麦小屋」で手打ち蕎麦を食べてきました。 蕎麦を食べる時は、蕎麦のにおい、香りを楽しみますが、ここの蕎麦は、”本物”です。店主のこだわりが随所に感ぜられ、薬味のねぎにも、こだわっています。 私のところから、遠いところにあるのですが、蕎麦で旨い
5
  北斗市の「蕎麦小屋」で手打ち蕎麦を食べてきました。 蕎麦を食べる時は、蕎麦のにおい、香りを楽しみますが、ここの蕎麦は、”本物”です。店主のこだわりが随所に感ぜられ、薬味のねぎにも、こだわっています。 私のところから、遠いところにあるのですが、蕎麦で旨い

続きを読む

函館の大門「寿楽」という居酒屋さんに行ってきました。 以前は、おじいさんとおばあさんが、二人で切り盛りしていたオデン屋さんだったのですが、店の名前を禅譲して、店も移転し、まったく姿を変えて、若い方が経営しています。 さて その店なんですが、地酒のワンカップ酒
3
函館の大門「寿楽」という居酒屋さんに行ってきました。 以前は、おじいさんとおばあさんが、二人で切り盛りしていたオデン屋さんだったのですが、店の名前を禅譲して、店も移転し、まったく姿を変えて、若い方が経営しています。 さて その店なんですが、地酒のワンカップ酒

続きを読む

今日の昼は、八雲町の「きりん」で、野菜味噌ラーメンを食べましたが、普通で注文して、こげな盛り! やっぱ、ここは凄い! 大盛はもうたいへんです。 ドンブリが、洗面器のような器で、でてきます。 以前、隣にいた美しき女性が平然と平らげたのが、驚きました。味ですが、味
5
今日の昼は、八雲町の「きりん」で、野菜味噌ラーメンを食べましたが、普通で注文して、こげな盛り! やっぱ、ここは凄い! 大盛はもうたいへんです。 ドンブリが、洗面器のような器で、でてきます。 以前、隣にいた美しき女性が平然と平らげたのが、驚きました。味ですが、味

続きを読む

今日の昼食は、北海道森町の次郎長ラーメン、道南界隈では、いわずもがな店で、函館市のラーメンブギにも出展をしていた。店主が全国のこだわりラーメン店主と交流があることから、店内には所狭しと写真が並べられている。音楽はJAZZが流れており、至極の時間を楽しめる。チ
5
今日の昼食は、北海道森町の次郎長ラーメン、道南界隈では、いわずもがな店で、函館市のラーメンブギにも出展をしていた。店主が全国のこだわりラーメン店主と交流があることから、店内には所狭しと写真が並べられている。音楽はJAZZが流れており、至極の時間を楽しめる。チ

続きを読む

↑このページのトップヘ