image240 
P2140328
さて、東京でして、タイトルがなんだべ! とお思いでしょうが、これレッキとした店舗の名前なんです。 

日本橋の三越デパートの前にある「ご当地酒場 北海道八雲町」でして、   新聞でも報道されておりクチコミでも、噂に聞いていましたので、これはぜひ行かねばと思っていたんです。

ここは、ご当地ショップとしての先駆けでして、道南の町長さんも視察に訪れているようです。 TAKさんも行かれたようです。(^^)
そういえば、同じようなご当地酒場として長万部町もありますね〜。
P2140331

ここで、ボンズと会うのですが、なかなか来ません。

P2140344
仕方がありませんので、近くのスタバで時間潰しです。
P2140345P2140349
こんなようにお店の外でです。(^^) 東京のスズメです。




 
居酒屋 「八雲町」の前から写したところでして、すぐ前に日本橋の三越があります。
とってもいい場所にあります。ボンズと合流することができました。

P2140480P2140337
お店に入る前のスペースには、このような実在するお店の名前が書かれています。いやー、これは懐かしいものです。シンイチさんのお店もありました。(^^) ドブロクや八雲の地酒で有名な上野商店もあります。

P2140351
東京で、これを見れるとは、思わず嬉しくなってしまいます。(^^)P2140383P2140386 
まんずは、ビールです。 生は390円と安いんです。ボンズ、この後はビンビールでして、このところビンにはまっているということです。


P2140359
なんと毛ガニが、1280円だそうでしてメチャ安です。頼んでみると限定だそうでして、既に出てしまったということです。これ目玉商品のようでして、すぐに売れ切れるようです。
来店したら、即、注文しまししょう。(^^)


P2140393
さて、こちらは、「干物炙りセット」 990円です。

P2140389
こちらは、アスパラです。いい色をしています。
P2140425
この網で焼きます。自分で焼くのも楽しいもんです。
P2140476P2140431
けっこういいあんばいに焼けました。P2140417

P2140435
八雲町という名前だけで、とっても嬉しくなってしまいます。(^^) ということで、この後もビールを大量摂取です。笑

P2140446
これ、なんと寿司なんでて、度肝を抜かれます。シャリはネタで見えません。これは、すんごいっす! (^^)

P2140466 
この白カブ、浅漬けでいいもんでした。いただきました。

P2140403 
刺身は、けっこうな種類がついてきます。

P2140413
なんと、この醤油は、八雲の服部醸造のものです。思わず社長に電話しました。(^^)

P2140438
カラアゲです。
P2140485
値段も安くて、八雲町から素材を直送していて、場所もよしで店内はかなり混みます。
かなりな人気店です。何人もお店に入れないで帰るのを見ました。
そうそうオヤジ、事前に予約したのですが、危なく予約をできないところでした。
こちらに行く際は、予約が無難です。
いやー、とっても楽しい居酒屋さんでした。 P2140486
八雲の地酒 「今宵八雲」も置いています。さすがのこだわりです。

P2140366
メニューです。

P2140369
















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




素材は、八雲町にこだわっています。これ、いいですね〜。P2140421 
各写真は、クリックすると拡大します。P2140375
値段もリーズナブルです。生ビールは390円、なんと函館の焼き鳥屋 かしらやと同じです。(^^)
東京に行かれましたら、足を運んでみてください〜
店主さん、八雲に詳しいですヨ。(^^)