imageIMG_1203
アップが遅れまして、すいません。
今日は、いろいろハプニングがありました。

さて、今日から函館美食フェスタが開催されまして、さっそく行ってみました。

この「はこだて美食フェスタ」、新聞広告もかなり出していて、けっこうな経費をかけている大きなイベントです。
調べてみると1000万円の予算のようです。

明日の三時まで行なわれています。IMG_1204
函館、本州のシェフが集まります。
なんで、本州なんだろうと不思議に思ったのですが、本州方面に道南の食材のPRをということらしいです。

正直、だいじょうぶなんだろうかと思った、BtoBとBtoCのような感じのイベントは、さてどうなのでしょうか。
IMG_1213
このチケットと、現金の2つのパターンです。sIMG_1254
二日間で、1万人のイベントですが、思ったより空いていました。sIMG_1355
と思ったら、皆さん、こちらのほうで食事されていました。(^^)

席がたくさん用意されているので、食べる場所には困らなそうです。
imageIMG_1234
生本まぐろの解体ショーは人気があり、黒山の人だかりでして、スマホ、カメラの持つ方が多数です。これは、すごい人気です。
image
では、解体です。見事にこのようにバラしていきます。お見事!

即売会が行われていました。マグロファンはン必見かもです。(^^)
IMG_1389
人気があった、海鮮セットです。
ここらのブースは、現金払いです。

ミニ丼セットは、確かにミニですので、ちと遠慮しました。
imageIMG_1332
オヤジは、ダブルカレーにしました。これが、ここの中ではCPが高そうです。600円。

ルーが、ふたつありまして、左手が「ひこま豚のポークカレー」、右手が「ごっことがごめ昆布のココナッツカレー」です。
image
ライスは、軽い盛り付けです。
行列は、ほとんどできていませんで、食べる方はあずましていいのですが、ちと寂しい感じです。
image
image
こちらは、はこだてビールの「冷製ウニのフラン」です。600円

棚には、かなりの数が揃えられていますが、あまり減っていないようです。
imageimage
こちらは、「ひこま豚といろいろ道南野菜の角煮丼」 600円

豆は、たまふくら大豆でして、真ん中の黒いのは、ご存じ王様しいたけでして、あんかけのようになっています。
image
image
こちらは、函館のレストラン「ロワゾー・パー・マツナガ 」の今金男爵のクリーミーグラタンです。
確かに、 こちらは、「さすがMatsunagaさんでして美味い!」ということでした。
imageIMG_1351
知人の自治体の部長さんも同じくカレーと、太田かまぼこの「タコ天かまぼこ」でした。
カツカレーを模したとは、やるな〜。(^^)
しっかり、拙文ブログを見ているとは知りませんでした。     
imageimage
こちらは、東京都のトラッテリア 葡萄房の「真鱈のトマト煮込み リヴォルノ風」です。
なにやら、噛みそうな名前です。
これには、パンみたいのがほしいかな〜。

そうそう、お皿の全てが紙でした。
オヤジ、容器が紙というのは好きではありませんが、この手のイベントでは難しいんでしょうね。

レストランバスクが、本物の皿で提供するということでした。
image
こちらの会場では、調理ができないようでして温めています。

このケーブルが、はりめぐされています。
IMG_1219
来週、青森バル参戦するので、青森のブースが出ると聞いていたので、楽しみだったのですがパネルのみでした。残念!
image
会場の風景です。牛若さんは、卓上ガスを使っています。
sIMG_1319
ステージでは、パフォーマンスが繰り広げられていていますので、食事をしながら楽しむことができます。
おねえさん達の踊りに皆さんの視線が釘付けでして、カメラを取る方も多数です。
素晴らしい踊りでした。