kichiwazyu

IMG_20210503_133817

こちら方面を車で走っていると、新しいお店があったので入ってみました。
「吉和寿  珈琲店」です。店名は「きちかず」といいます。

■函館市松川町15-24
■営業 07:00〜15:00
■定休 当面不定休
■地図は、こちらです 

IMG_20210503_135304

駐車場は、お店の左手です。

IMG_20210503_133840
お店の前にはモーニングのノボリが上がっていて、さらに黒板には「1日中モーニングサービス」と書かれています。これはすごいです。

コーヒー湯気のほっこりの暖簾!
IMG_20210503_133842

オレンジっぽい暖簾には、コーヒーに湯気が上がったロゴが書かれていて、これはなんともほっこりします。

暖簾をくぐって店内へと入ります

店内は土足のまま
IMG_20210503_135201

民家を改装したカフェで、玄関には「土足のままお入りください」と書かれています。

一日中モーニングサービス!
IMG_20210503_133920

さっそくメニューを見てみます。
現在は、このメニューということで今後はランチなども考えているそうです。

image
IMG_20210503_134429_2
こちらはモーニングサービス 400円です。
上に塗るのはシナモンにしてみました。
コーヒーは美鈴さんの豆を使っているそうです。

なんと400円は安い!

IMG_20210503_134509
トースト、茹で玉子です。
これで400円は安いです。(^^)

オーナーさん名古屋で会社をやっていて「名古屋ではこれが普通かな?」とおっしゃっていました。(^^)
朝7時からオープンというのも函館ではすごいことです。
勤労者の方にも重宝されそうです。

ひろさんからの情報ですが、
>こちらAM6:00~AM10:00まではモーニングでコーヒーなんと¥200!で提供されています
ということです。

IMG_20210503_133932_1

店内を見てみます。

店内は和室を改装したとみられる感じで、床はフローリングをほどこしています。
床の間などもありそこには、立派なリメイクされた桐箪笥があります。

IMG_20210503_134315

出窓のところには函館市文化賞があり、その隣には三味線があります。 

店名の由来は若柳流から!
image

オーナーさんと話をさせてもらったのですが、名古屋に会社がありここは実家とのことです。
お母さまが若柳流の師匠をしていたそうです。

若柳吉和寿というそうで、この名前は店名の吉和寿の由来でもあるそうです。

三味線は、長万部などには教えに行っていたそうで、このように折りたたみのできる三味線ということです。折りたたみ三味線初めて見ました。
IMG_20210503_135148
店内には新聞、週刊誌が置かれています。

ssIMG_20210503_135213
お店の前の道路です。

image


twitter・インスタ・見出し画像です